環境への取り組み

金子コード株式会社は、顧客優先、創造と挑戦、社会・地域に貢献、環境と調和を以ってことに当たり、信頼される「良い会社」であり続けることを経営理念として、顧客に「より良い満足」を継続して提供しています。そのために企業活動を通し自主的な環境保全の取り組みを行い、そのツールとして環境マネジメントシステムの国際規格『ISO14001』の登録を全事業所に受け、それに沿った活動を継続し、改善活動を実施しています。その内容を以下にご説明いたしますので、皆様のご理解をいただければ幸いと存じます。

金子コード株式会社は企業活動の中にISOを取り入れ品質の向上と環境保全に取り組んでいます。

環境方針・環境組織

当社の環境方針についてご紹介しています。さらに、環境活動を担う環境組織についても、あわせてご紹介しています。

経営理念

顧客優先、創造と挑戦、グローバルに社会・地域に貢献 環境と調和を以ってことに当たり信頼される「良い会社」であり続ける。

金子コード 環境方針

金子コード株式会社は、環境に負荷の少ないよりよい製品の販売を通じ、人と自然の調和を目指し地球環境の保全が人類の存続課題であることを認識し、ISO14001の基本理念を尊重して、社会に貢献するための環境方針を定めます。

1)環境管理システムの継続的な改善と環境汚染の予防に努めます。

2)当社の全ての活動、製品、サービスの環境に与える影響を的確に捕らえ、RoHS指令等の環境関連法規制、地方自治体の制定する環境条例並びにその他の要求事項の順守にとどまらず、それ以上の自主管理基準を定め、環境保全の管理レベルの向上に努めます。

3)環境方針のもと、環境目的および目標を定め、定期的に見直しを行い、継続的に環境影響の低減に向け、次の項目を重点テーマとして取り組みます。

(1)製品に含有する環境負荷化学物質の削減・代替に努め、環境配慮型製品の開発を推進します。

(2)産業廃棄物の削減に努めます。

(3)省エネルギー、省資源化を推進します。

4)環境方針を達成するため、従事する者の全てに、環境管理システムの教育、啓発活動を行い環境意識の向上および周知徹底を行います。

5)協力会社に対してもRoHS指令等に適合した製品、資材の納入を要求します。

6)環境方針は、社内外へ公開し、要望により配布します。

金子コード株式会社 取締役社長 金子 智樹
ISOトップマネジメント 事業統括部長 渥美 安司

金子コードの環境調査

蛍光X線分析装置の導入

2007年1月、浜松工場内に蛍光X線分析装置を導入しました。これによって、RoHS規制6物質等の含有量調査依頼に対して迅速な対応が可能となりました。

環境組織

環境負荷物質管理

◇CSR(企業の社会的責任)の一環として
2000年頃から企業の社会的責任に関する議論が活性化し、具体的な例としてしばしば企業の環境側面にかかわる問題と対比して取り上げられるようになってきました。
金子コードでは、RoHS規制等の諸外国の化学物質規制に伴う顧客からの要請に迅速に対応する為に、環境負荷物質管理体制の整備を進めています。

ページトップへ