沿革

1932年4月東京市品川区西大崎に、金子正雄個人経営で金子コード製造所を創立
創業者社長金子正雄
1937年7月東京市大森区馬込町西に移転
本社・工場と社長宅
1946年1月合資会社とし金子正雄社長に就任
1948年11月株式会社に組織変更金子正雄取締役社長に就任
静岡県浜松市下池川町に浜松工場建設
浜松工場(下池川町)
1961年5月静岡県浜松市上島町に浜松工場を移転連続加流装置による電話機用キャブタイヤー紐の製造設備を新設
1962年7月日本電信電話公社より連続加流装置による電話機用キャブタイヤー紐の納入指定を受ける
1963年7月日本電信電話公社より600型電話機紐の技術認定を受ける
1970年7月東海通信機株式会社設立
1972年9月静岡県引佐郡細江町に浜松工場を移転
(現工場所在地)生産設備の拡大を計る
浜松工場(細江町移転当初、正面)
1973年2月九州金子コード株式会社設立
1974年8月大阪市東区玉造に大阪営業所を開設
1978年7月専務取締役金子正一、取締役社長に就任
金子正一
1982年10月創業50周年を記念して新工場棟を建設
浜松工場
1989年6月資本金3,900万円に増資
1990年4月株式会社カネテック設立
1992年7月メディカル部設立
1993年5月東京都大田区西馬込に本社を移転
本社ビル
1993年7月金子コード株式会社に社名変更
1993年10月KANEKO(ASIA)PTE LTD.をシンガポールに設立
1994年2月KANEKO TELECOMMUNICATION(SUZHOU)CO.,LTD.を中国蘇州市に設立
金子電線電訊(蘇州)
1995年12月ISO-9002取得
1999年1月中国蘇州市に中国営業所を開設
2000年10月KANEKO TELECOMMUNICATION(SUZHOU)CO.,LTD.よりKANEKO WIRE&TELECOMMUNICATION(SUZHOU) CO.,LTD.へ社名変更
2000年12月ISO-14001取得
2001年6月大阪市中央区玉造に大阪営業所を市内移転
2002年10月ISO-9001:2000年版取得
2004年4月中国上海市に上海営業所を開設
初代上海営業所
2005年5月取締役社長金子正一、取締役会長に就任
専務取締役金子智樹、取締役社長に就任
金子智樹 金子正一
2007年8月コーポレートサイト 開設
2008年6月大阪府吹田市江坂町に大阪営業所を移転
2009年4月東海通信機株式会社と株式会社カネテックを統合し、東海金子株式会社設立
浜松工場に新事務所建設
2010年6月蘇州第二工場設立
2010年6月中国北京市に北京営業所を開設
2011年1月中国上海市に上海営業所を移転
2012年4月東海金子株式会社を吸収合併、金子コード 資本金を5900万円に増資
金子コード80周年

会社ロゴマークを新しく作成
2015年2月取締役会長 金子正一、会長を辞任し相談役に就任
2015年4月食品部 設立
アンフォラート(株)を設立し、飲食業を展開
2015年10月アンフォラート(株)の直営ワインレストラン
「 HAL PINOT 」をオープン
2015年11月春野事業所『HARUNO CAVIAR VALLEY』竣工。
食品部の養殖施設としてスタート。
2016年6月ISO13485 取得
2016年7月浜松工場シンボルタワー roseroc 竣工
2016年12月東京都港区に麻布オフィス開設
2017年6月華北営業部/北京事務所を閉鎖、中国営業本部/上海事務所に統合。
ページトップへ